昨日は2回目の特別上映会・・・・。

  • 2019.03.24 Sunday
  • 14:11

 

昨日は、特別上映会「ぼけますから、よろしくお願いします。」が開催されました。

開場前                  ゲストの信友監督と参加者

 

高齢化が進む多摩ニュータウンにふさわしい作品だったのか、

多くの高齢者及びその子供世代の方々に来ていただきましたね・・・・。

子供世代といっても50代〜60代と思われる方々ですが・・・・・。

やはり、この世代向けの作品が、この特別上映会では人気のようですね・・・・。

2014年に上映した「ペコロスの母に会いに行く」という作品も

参加者が多かったですからね。

キーワードが「高齢・・・・」ということであれば、

この上映かではそれなりに入るということになりますかね・・・・・。

今後の作品選定の一つの目安になるのかもしれません。

 

本日の夜は実行委員会がありますが、

欠席の連絡も多く、二日連続の活動はどうしてもそうなってしまいがちです。

ですが、ここで真価が問われるのかもしれません。

主宰者という意識で取り組んでもらえれば、

活動が何日続こうか苦にならないということになりますからね・・・・。

出来るだけ多くの実行委員が、

主宰者意識を持って取り組んでくれることを期待したいですね・・・・。

 

 

 

 

 

悲しい知らせが・・・・。

  • 2019.03.21 Thursday
  • 22:58

本日、中学・高校と同級生だった友人が亡くなったとの連絡が入りました。

ちょっとショックで落ち込んでいます。

彼は福島県庁に入り、東京事務所に転勤になった若き日に、新宿で飲んだ思い出があります。

その後は賀状のやり取りが主で、お互い退職を迎えたので、

そろそろ会いたいなあと思っていたところでした・・・・・。

本当に残念でなりません・・・・。

立ち直るまでちょっと時間がかかるかもしれませんね・・・・。

 

そんな中、夕方、7日に受けた内視鏡検査の結果を聞きにクリニックへ。

昨年の職場の健康診査でピロリ菌の疑いがあるので、

要検診ということだったので、カメラを飲んだというわけです・・・・。

口からは苦しいので、今回は鼻からのカメラだったので、楽でしたが・・・・。

結果は、本日から一週間ピロリ菌除菌の薬を飲むことになりました・・・・・。

それでも癌の疑いは無しとのことだったので、そちらは一安心でした。

 

さて、今年2度目の特別上映会まで、あと2日ですね・・・・。

出だしはかなり良かったのですが、

最後の一週間のネット予約が思ったほど伸びていません・・・・。

いつもは最後の一週間でどっと伸びるのですが、今回は不思議な現象ですね。

さて、23日当日はどんな結果になるのでしょうか??

 

 

 

 

 

 

今年2回目の特別上映会まであと一週間・・・・・。

  • 2019.03.17 Sunday
  • 23:12

今年2回目の特別上映会まであと一週間・・・・。

チケットの状況は順調のようです。

特に生券が今までにない程順調のようですが・・・・。

やはり作品が作品なので、ネットよりも生券で直接ということでしょうかね?

作品によって、ネットの方が多い場合と生券の方が多い場合といろいろ違うのですね。

多摩ニュータウンも初入居から48年が経過しますので、

35歳で入居した方も80歳を超えるという状況です・・・・・・。

当然、高齢化が最速で進む街ということになるわけですからね。

今回の「ぼけますから、よろしくお願いします。」は、

まさしくタイムリーな作品といえるわけですね・・・・。

いつもだと最後の一週間で徐々に売れていくということですが、

今回の最後の一週間はどんなことになるのか楽しみです・・・・。

 

 

 

 

本日実行委員会・・・・!!

  • 2019.03.10 Sunday
  • 23:04

本日は3回目の実行委員会でした・・・・・。

その前の14時からは、4月の特別上映会の実行委員会向け試写会・・・。

残念ながら私自身は試写会欠席・・・。

参加者が少なかったようですが・・・・・。

さて、昨日の9日は、3月の特別上映会のチラシのポスティング活動・・・・。

そして、支援委員への特別上映会のご案内のためのDMの送付作業もありました。

この一週間はチラシ配布活動が活発だったようです。

都内の映画館はもちろん、市内やその周辺市の高齢者福祉施設へのチラシ配布です。

その頑張りが、チケット販売に生きてきているようですよ・・・・。

2週間前の状況を比較してみると、いつもよりはかなりいいようですね。

当日が楽しみになってきましたね・・・・・。

 

 

 

 

調布に行ってきました・・・・・。

  • 2019.03.03 Sunday
  • 21:56

早いもので3月に入り、本日は3日目ですね・・・・。

耳の日というよりも、ひな祭りのほうが一般的かなあ?・・・・と・・・。

我が家は子供たちが巣立ってしまい、ひな祭りも今では全く関係ないなあ・・・・。

さて、昨日3月2日は、「映画のまち調布シネマフェスティバル2019」の

第1回「映画のまち調布賞」授賞式とレセプションに行ってきました。

映画賞の種類は、

技術部門(撮影賞/照明賞/美術賞/録音賞/編集賞)と作品賞と功労賞です。

技術部門の各賞は、調布ならではの賞かもしれませんね・・・・

調布市内には、

角川大映スタジオ、日活調布撮影所、高津装飾美術等、様々なジャンルで活躍する映画・映像関連企業が多くあり、

日本のハリウッドという人もいます・・・・・。

その意味でも、この賞は意味があるかもしれませんね・・・・。

我が映画祭とは、ちょっと趣が違うかもしれませんが、

お互い多摩地区ということで協力して行けたらいいですね・・・・。

明日から3月です・・・・。

  • 2019.02.28 Thursday
  • 23:08

早いもので、明日から3月ですね。

そろそろ少しずつ様々な活動の準備をしないといけない時期です。

そんな中、323日の今年2回目の特別上映会のPR活動が盛り上がっています。

市内の高齢者施設や都内の劇場へのチラシ配布・・・・。

皆が担当を決めて回っています・・・・。

今回の作品は、多摩ニュータウンには相応しい題材かもしれません。

1971(昭和46)3月に入居が始まって48年目となる多摩ニュータウン。

30歳で入居した方は78歳、40歳の方は88歳ですからね・・・・・。

初期入居地区の諏訪・永山地区、

そしてその後に続く貝取・豊ヶ丘地区も高齢者が多くなっていますからね・・・・。

是非、多くの方に見ていただければと思っています…。

特別上映会でのドキュメンタリー作品も久しぶりですから楽しみです。

 

 

 

 

 

 

暖かい2月・・・。

  • 2019.02.21 Thursday
  • 20:19

216日は今年初めての特別上映会・・・・。

写真は受付会場のようすです・・・・。

 

 

さて、個人的なことで恐縮ですが、

20日・21日は一拍二日で伊豆に行ってきました。

210日〜310日まで河津桜まつりが開催されていますので、

観てきましたよ・・・・。

20日が4月並みの暖かさのため満開となり、本当にきれいでしたよ・・・・。

右側は梅です・・・。

 

 

また、城ケ崎にもよってきました。

よく映画やドラマで見かける風景を撮ってみました・・・・。

 

2月もいろいろありますね・・・・。

  • 2019.02.17 Sunday
  • 19:28

2月に入ってもこのつぶやきが疎かになっています・・・・。

11日には第28回映画祭の最初の実行委員会がありましたし、

その前の時間には今年初めての新実行委員募集説明会もありました。

14人の参加があり、すぐに参加表明してくれたのが4人・・・・。

他の方は33日までに結論を出してもらうことになっています。

あまり難しく考えないで、積極的に前に進んでいただければと思いますね。

やってみないことには何も始まりませんからね。

次回の説明会は420日に予定しています・・・・・。

さて、昨日は今年初めての特別上映会でしたが・・・・。

来場してくださった方はいかがでしたでしょうか?

いま担当者がアンケートをまとめているところです・・・・。

次回は323日ですね。

作品は「ぼけますから、よろしくお願いします。」です。

高齢化が進む多摩ニュータウンにはリアルタイム?な作品ではないでしょうか?

多くの方々に来場していただきたいですね。

 

 

 

 

 

プレゼント当選者から寄せられた声 パート9

  • 2019.02.06 Wednesday
  • 18:18

先日はアンケートに協力した人の中で抽選に当選したというお知らせと、

グルメチケットを送って頂きました〇〇です。

有難うございました。

映画祭についての感想をということですので、

以前アンケートに出した文と重複すると思いますが送信いたします。

私は多摩映画祭にはやまばとホールで開催された、

おすぎさんのシネマレクチャーの時代から通っています。
当時は洋画が多く放映され、素晴らしい映画を観せていただきました。

「ギルバート・グレープ」「リバーランズ・スルーイット」「ショーシャンクの空に」

「フィラデルフィア」や「フォレストガンプ」なども

映画祭で見たように記憶しています。

韓国映画の「シルミド」「スキャンダル」中国映画の「初恋の来た道」等々。

映画館に足を運ぶ機会が少なくなってきた私にとって、

多摩映画祭で見せていただける映画は、年に一度の最たる楽しみでありました。

あの頃の映画祭は本当に手作りの親しみやすい、

それから実行委員会の方達が良く吟味された映画でした。

現在の映画祭は日本中から注目され,

テレビのニュースで流されるほど有名になりました。

でも、この映画は是が非でも見たいとを思えるような映画が

少なくなってきたように思います。
一つ提案ですが、1960年代、1970年代の「ひまわり」、「黒いオルフェ」

とかまだまだありますが、一日だけ昔の名画の日を作って頂けないでしょうか。

70歳を過ぎましたが、まだまだ洋画を見られます。

 

 

 

 

アンケートの賞品受け取りについて

夜分にすみません。

そして連絡が遅くなってしまい申し訳ございません。

賞品受け取らせて頂きました。

今をときめく俳優さんや女優さんの姿を見ることができて

とても良い思い出になりました。

深川麻衣さんを目当てに映画祭に行かせて頂いたのですが、

映画も授賞式も素晴らしくとても満足しました。

この度はありがとうございました。

 

新しい年度の始まりです・・・・。

  • 2019.02.03 Sunday
  • 20:47

いよいよ2月に突入しましたね・・・・・。

我が映画祭にとっての新しい年度の始まりです。

29回映画祭としてスタートしたことになります。

その第一弾として、新人募集説明会が211日にありますね。

毎年新たな人たちを迎えて実行委員会はスタートします。

新しい人たちが入ってくると実行委員会も活性化しますからね。

どんな人たちが入ってくるのか毎年楽しみです。

新たな出会いによって映画祭も新たな試みができるかもしれません・・・・。

何といっても我が映画祭は「人」で持っているものですからね。

ひとり一人の持っている力を最大限に発揮してもらうことで、

この映画祭は成り立っています・・・・・。

誰かに依存するのではなく、

ひとり一人の頑張りによって成り立っているのが、

我が映画祭の特徴でもあるわけです。

その意味でも新人募集説明会は我が映画祭にとってとても大事な活動です。

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM